さぁ、リサイクル!

住友電工では『亜鉛処理法』と『湿式化学処理法』の2つの方法でタングステンのリサイクル処理を行っています。それぞれの長所を活かし、生産する対象によって使い分けています。

亜鉛処理法(住友電工グループでは1980年代より実施)

構成成分のまま粉末に再生します。
『低エネルギー消費』・『CO2削減』・『化学薬品使用ゼロ』・『小規模設備での処理が可能』などの利点があります。

[ Zn : 亜鉛  Co : コバルト  WC : 炭化タングステン ]

Image:[Zn: Zinc Co: Cobalt WC: Tungsten carbide]

Zoom

Image:[Zn: Zinc Co: Cobalt WC: Tungsten carbide]

Zoom

湿式化学処理法(2011年4月より事業開始・10月から量産化)

スクラップからタングステンの中間原料である三酸化タングステン(WO3)に再生します。
『鉱石精錬と同等の品質』・『幅広い用途(粒度など)に適用可能』などの利点があります。

Image:Wet chemical method

Zoom

超硬工具の製造工程と工程内で発生するスクラップ

超硬工具に限らず製造過程で発生するスクラップもリサイクルの対象となります。
(お引取り品目のご相談は、下記担当窓口までお問い合わせください)

Image:Scrap From the Production Phase of Cemented Carbide Tools and Phases

Zoom

ご相談窓口

住友電工グループでは、東京、名古屋、大阪の3地区に、専任担当者を置いて、スクラップの回収に取り組んでいます。
今後も継続して回収の強化を行って参りますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

各地区担当連絡先:住友電工ツールネット(株) 環境資源営業部 リサイクルグループ

  • [東京地区] TEL:03-6406-2816 »E-mail:tokyo-recycle@info.sei.co.jp
  • [名古屋地区] TEL:052-209-6285 »E-mail:nagoya-recycle@info.sei.co.jp
  • [大阪地区] TEL:06-6221-3030 »E-mail:osaka-recycle@info.sei.co.jp