SEC-ウェーブミル™WEX1000型を拡充

~チップ、ボディともに小サイズラインアップを追加し、4月より販売開始~

好評いただいている刃先交換式隅削りカッタ「SEC-ウェーブミル™WEX2000/3000型」の低切込み、高能率加工用途に向け、「WEX1000型」を拡充しました。小サイズの刃先交換インサート63型番とカッタボディ17型番を新たに開発し、これらを4月より発売を開始いたします。

WEX1000

近年、機械加工におけるいずれの分野においても加工コストの低減、高能率加工が要求されています。当社は、これらのニーズに応えるため「SEC-ウェーブミル™2000/3000型」に加え「WEX1000型」を拡充しました。「WEX1000型」は小径サイズ(ø10~)からラインアップし、これまで刃先交換式工具では対応出来なかった加工径にも対応できます。また最適化設計により加工面品位に優れ、多刃による高能率加工が可能です。

製品特長

ラインアップ ø10~ø63までのラインアップにより、これまで刃先交換式工具では対応できなかった加工径、用途にも対応可能です。
高能率加工 従来品同径比2倍以上の多刃設計により高能率加工が可能です。
加工面品位 最適化された切れ刃設計により優れた加工面品位を実現します。

ラインアップ

カッタボディ WEX1000E
(エンドミル、標準タイプ)
7型番
カッタボディ WEX1000EL
(エンドミル、ロングタイプ)
6型番
カッタボディ WEX1000F
(シェルタイプ)
4型番
刃先交換インサート 63型番(7材種)

販売計画

初年度の年間売上高90百万円、2年後に180百万円を見込む。

標準価格

当社従来品と同設定

カッタボディ 22,500~90,000円(税抜)
インサート 800円(税抜)