SEC-ウェーブミル®のカッタボディWFXC型、WFXH型を拡充

このたび当社は、SEC-ウェーブミル®のシリーズにおいて、面取り加工用カッタボディ「WFXC型」および高能率多機能カッタボディ「WFXH型」のラインナップを拡充し2016年10月より発売を開始しました。

SEC-ウェーブミル®のカッタボディWFXC型、WFXH型を拡充

近年、機械加工においては隅削り、面取り、プランジ加工といった多様な加工の要求があり、それぞれのアプリケーションに適した専用工具が開発、適用されています。その一方で、使用する工具の数が増え、在庫管理が煩雑になる、保管スペースが不足する、といった管理上の問題が発生する場合もあります。

このたび拡充するSEC-ウェーブミル®WFXC型、WFXH型は、どちらもSEC-ウェーブミル®WFX型のインサートが適用可能であり、こうした管理上の問題を軽減します。また、「WFXC型」は面取り加工に、「WFXH型」は高送りおよびプランジ加工に対応でき、従来の隅削りに使用するインサートの幅広い用途への活用が可能となります。

本製品の特長は以下の通りです。

製品特長

汎用性 従来品「WFX型」用インサートが適用でき、隅削りのみならず、面取り加工、高送り加工、プランジ加工に使用できます。
経済性 片面4コーナ使用可能で加工コスト低減が期待できます。

ラインアップ

WFXC型 柄付きタイプ ø8-32 4型番
モジュラー(先端交換)タイプ ø16-32 3型番
WFXH型 面削りタイプ ø40-63 6型番
モジュラー(先端交換)タイプ ø25-40 3型番

販売計画

初年度の年間売上高50百万円、2年後に100百万円を目指します。

標準価格

WFXC型カッタボディ 25,000~43,500円(税抜)
WFXH型カッタボディ 37,000~53,000円(税抜)