新汎用超硬ソリッドドリル「スーパーマルチドリルGS型」を開発・発売

  • ニュース
  • プレス
  • 新汎用超硬ソリッドドリル「スーパーマルチドリルGS型」を開発・発売

住友電工ハードメタル株式会社(社長:湊 嘉洋 本社:兵庫県伊丹市昆陽北1-1-1)は、新汎用超硬ソリッドドリル「スーパーマルチドリルGS型」を開発し、2008年10月21日より販売を開始します。 本製品は、株式会社不二越との共同研究をベースに、基本的な設計思想を共有して開発した製品で、超硬ドリル分野では初の共同開発品となります。

穴あけ加工は、自動車産業をはじめ、鉄鋼、建機、造船、重電、金型といった様々な分野で幅広く行われています。
近年、地球温暖化に代表される環境問題に対応するため、穴あけ加工の分野においても、省エネ・CO2排出量の削減、省スペースを目的とした加工機の小型化、加工時間短縮と加工機台数低減のための高能率加工が求められ、小型機械でもブレない安定した穴あけ加工が可能で、且つ高能率で長寿命化を実現する工具の要求が高まっています。

当社はこれらのニーズに応えるべく、独自の新刃型と新コーティング膜を採用した、スーパーマルチドリルGS型を開発しました。

本製品の特長は以下の通りです。

  
 (1) 切りくず処理、排出性を大幅に向上
   独自のJ字形の断面形状を持つフルート設計を採用することにより、切りくずが細かく分断され、
   切りくずの排出性が大幅に向上しました。
   高能率加工時に発生しやすい切りくず詰まりによる折損や切りくず巻きつきによる停止の心配がなく、
   安心して使用することができます。

 (2) 最適設計により、安定加工を実現
   シンニング(※)や芯厚設計の最適化により、ドリルの喰いつき時や貫通時に発生する振動を大幅に
   抑制しました。
   これにより、ドリルの挙動、及び切削抵抗が安定し、小型機械でも安定した加工を実現します。

 (3) 長寿命を可能にする、ドリル専用新コーティング「DEXコート」を採用
   当社独自のナノコーティング技術を駆使した複合超多層コーティング「DEXコート」を開発しました。
   シリコンとクロムを添加することにより、耐摩耗性、耐欠損性、耐溶着性が大幅に向上し、
   従来コーティング比2倍の長寿命を実現しました。

   (※) シンニング:ドリル中心部の切削抵抗低減と被削材への喰付き性向上を目的とした切刃
 
  【ラインアップ】  
     工具径:Φ2.0mm~16.0mmまで0.1mm飛び。  
     適用加工深さ:2×D (D:ドリル径)、4×D  
     ラインナップ数:2×D (141アイテム)、4×D(141アイテム)  計282アイテム  
  【販売計画】  
     初年度:15億円  
     3年後:30億円  
  【標準価格】  
     標準品一例 :MDW0800GS2・・・10,300円(税込10,815円)  
            MDW0800GS4・・・12,200円(税込12,810円)  

 

※「スーパーマルチドリル」、「DEXコート」は住友電気工業(株)の商標または登録商標です。

※「J flute」は住友電工ハードメタル(株)の登録商標です。