仕上げ加工に最適な鋼切削用サーメット新材種「T1500A」を開発

  • ニュース
  • プレス
  • 仕上げ加工に最適な鋼切削用サーメット新材種「T1500A」を開発

住友電工ハードメタル株式会社(社長:牛島 望 本社:兵庫県伊丹市昆陽北1-1-1)は、鋼の切削加工の中でも、特に仕上げ面の美しさが必要な場合に最適な工具材質であるサーメットの新材種「T1500A」を開発し、本年10月より発売します。

サーメットは、チタン化合物を主成分とし、鋼の切削加工分野で多く用いられているタングステンを主成分とする超硬合金と同等、またはそれ以上の硬度・耐摩耗性を有します。
さらに、鉄との親和性が低いため、鉄系金属を削った場合に、加工面に光沢を出し易く、美しい仕上げ面を実現します。
また、希少資源であるタングステンの使用量が少ない点からも、注目されている材質です。

当社は材料特性、ならびに工具の刃先処理技術の両面から大きく性能を向上させ、工具寿命の向上と美しい仕上げ面を実現するサーメット材質「T1500A」を開発しました。

本製品の特長は以下の通りです。

  
 (1) 耐摩耗性・耐欠損性を大幅に向上
   粒子の大きさが比較的小さい「高耐摩耗性硬質粒子」と、粒子サイズが比較的大きく、耐熱性と靭性に
   優れ、耐欠損性の向上に繋がる「強靭性硬質粒子」の2種の粒子による複合構造からなる材質の開発に
   成功しました。
   切削工具として加工した場合、耐摩耗性、耐欠損性ともに、従来品比1.5倍以上の性能向上を果たします。

 (2) 美しい仕上げ面を実現
   サーメット組織内の粒子サイズを制御することにより、切削工具として加工した場合、きめ細かく、
   より鋭い刃に仕上げることが可能となりました。
   更に特殊刃先処理技術の適用により、より高品質な刃先を実現。従来品以上に光沢感のある、美しい
   仕上げ面を得ることが可能です。
 
  
 販売価格は当社従来品と同設定です。本製品の適用により、特に鋼の仕上げ加工において、工具寿命向上の
 効果もあり、加工コストの大幅削減が可能です。
 
  【ラインアップ】  
     ネガティブ型:156アイテム  
     ポジティブ型:297アイテム     合計:453アイテム  
  【販売計画】  
     初年度:2億円  
     3年後:10億円  
  【標準価格】  
     刃先交換チップ 標準品一例 :CNMG120408N-SU・・・690円(税込725円)  
                    TPGT110304L-SD・・・920円(税込966円)  
  【リリース時期】  
     上記「ラインナップ」に示す計453アイテムを、2010年10月より発売いたします。