高能率粗加工用高送りカッタ「SEC-スミデュアルミル® DMSW 型」の本体、高強度型ブレーカ H 型を新たに開発、販売開始

  • ニュース
  • プレス
  • 高能率粗加工用高送りカッタ「SEC-スミデュアルミル® DMSW 型」の本体、高強度型ブレーカ H 型を新たに開発、販売開始

当社は、高能率粗加工用高送りカッタ「SEC-スミデュアルミル® DMSW 型」の本体と高強度型ブレーカ H 型を新たに開発し、2021年 12月より販売を開始します。

近年、自動車や航空機、造船、産業機械、金型などの分野では、高能率加工に特化した工具への需要が高まっています。

当社はこれらのニーズに応えるため、2021 年 6 月より「SEC-スミデュアルミル® DMSW型」を発売しております。このたび、最大刃径ø125mm 以上の本体(シェルタイプボディ)と高硬度材加工に対応する高強度型ブレーカ H 型を新たに開発いたしました。ラインアップを拡充することで、SEC-スミデュアルミル® DMSW 型の適応領域を拡大します。

SEC-スミデュアルミル® DMSW 型

SEC-スミデュアルミル® DMSW 型

1. 特長

高強度型ブレーカ H 型は大きなくさび角の断面形状を持つことで刃先強度が高く、鋼やステンレス鋼、鋳鉄の重切削、強断続加工、高硬度材加工での長寿命化、寿命安定化を実現します。


2. ラインアップ

インサート 計 1 型番 (材種:ACU2500, ACP2000, ACP3000)

本体    計 4 型番 (最大刃径ø125, 160mm)


3. 販売計画

初年度 1 億円/年 、2 年後 2.5 億円/年


以上