高能率・高剛性ラジアスカッタSEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型を 開発、販売開始

  • ニュース
  • プレス
  • 高能率・高剛性ラジアスカッタSEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型を 開発、販売開始

当社は、高能率・高剛性ラジアスカッタSEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型を開発し、2021年11月より販売を開始します。

航空機や発電機に使用されるタービンブレードにはステンレス鋼やニッケル基耐熱合金、チタン合金などの難削材料が使用されています。タービンブレードの加工においては加工する体積が大きく、加工能率の観点から切削速度や送り速度の高速化へのニーズがますます高まっています。

当社はこのようなニーズに応えるため、「SEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型」を開発しました。SEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型は、インサートを設置する座面の剛性を極限まで高めた設計とすることで、高負荷の加工においても優れた耐久性を発揮します。また、インサート材種には新開発の難削材加工用材種ACS2500/ACS3000を採用することで、優れた安定性と長寿命化を実現しました。インサートは高精度仕様の研磨級4コーナーに加えて、経済性に優れたM級*8コーナーもラインアップし、用途により同一ボディで高精度仕様と経済性重視のインサートを使い分けることが可能です。

* M級
インサートの等級記号。コーナー高さ許容差(±0.08mm~±0.2mm)、厚み許容差(±0.13mm)、 内接円許容差(±0.05~±0.15mm)。

SEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型

SEC-ウェーブラジアスミル™ RSE型

1. 特長

● 高能率・高剛性ラジアスカッタ
ステンレス鋼や難削材などの高能率加工を実現する高剛性のインサート座面設計により優れた耐久性を発揮します。

● 難削材加工用新材種を採用
新開発の難削材加工用材種ACS2500/ACS3000との組合せでニッケル基耐熱合金やチタン合金を始めとする難削材加工でも安定長寿命を実現します。

● 高精度仕様と経済性重視インサートの使い分けが可能
高精度仕様の研磨級4コーナーに加えて、経済性に優れたM級8コーナーをラインアップ。


2. ラインアップ

本体(計14型番)
RSE10型(シェルタイプ)  刃径Φ40~Φ50mm 2型番
RSE10型(柄付きタイプ)  刃径Φ25~Φ32mm 4型番
RSE12型(シェルタイプ)  刃径Φ40~Φ80mm 8型番

インサート(計6型番) 2材種


3. 販売計画

初年度1億円/年 、2年後2億円/年


4. 価格

本体:30,000~80,000円(税抜)

インサート:880~1,650円(税抜)

以上