鋼旋削用コーテッドサーメット材種「T2500Z」を開発、販売開始

  • ニュース
  • プレス
  • 鋼旋削用コーテッドサーメット材種「T2500Z」を開発、販売開始

住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:井上 治、以下 当社)は、鋼旋削用コーテッドサーメット材種「T2500Z」を開発し、2019年10月より発売します。鉄板材や炭素鋼、合金鋼をはじめとした鋼旋削加工での安定性を向上させ、長寿命化を実現しました。

チタン化合物を主成分とするサーメットは、鉄との親和性が低いため、鉄系金属の加工面に光沢が得られ、美しい仕上げ面を実現します。また、希少資源であるタングステンの使用量が少ない点からも、近年注目されている材質です。 当社は、特にサーメットに要求される「光沢があり美しく、面粗度が安定した仕上げ面」を追求するため、熱伝導率に優れる新サーメット母材を開発し、鉄系金属との反応性を著しく低減させる「ブリリアントコート®」と組み合わせたコーテッドサーメット材種「T2500Z」を発売します。

鋼旋削用コーテッドサーメット材種「T2500Z」を開発、販売開始

1. 特長

優れた加工面品位

熱伝導率に優れる新開発のサーメット母材の採用により、耐熱亀裂性と耐境界摩耗性を向上。また当社独自のコーティング技術「ブリリアントコート®」を採用することで、優れた耐摩耗性と耐溶着性を発揮し、鉄板材に加え、炭素鋼や合金鋼などの様々な被削材において安定して優れた加工面品位を実現します。

優れた潤滑特性と耐摩耗性

「ブリリアントコート®」は、非常に優れた潤滑特性を有し、鉄系金属との反応を著しく低減させます。その結果、被削材の溶着を大幅に抑制し、むしれを防止できることに加え、コーテッド材種に求められる耐摩耗性も、当社従来品比で約1.5倍以上に向上。美しい仕上げ面だけでなく、仕上げ加工での工具の長寿命化も達成します。

豊富なラインアップ

刃先交換インサートのラインアップとして539アイテムを在庫化。豊富な在庫ラインアップにより、多様な加工ニーズに対応します。

2. ラインアップ

合計539型番

ISO旋削用インサート ネガティブ型:218型番
ポジティブ型:223型番(新設GU型ブレーカ19型番含む)
溝入れバイト用インサート 98型番

3. 販売計画

初年度 1億円/年、3年後 5億円/年

4. 価格

当社従来品と同設定
(標準品)CNMG120408N-SU  850円(税抜)

以上